はりねずみの図書室

はりねずみが読んだり読みたかったりする本を集めた図書室です。

『キャンプ論:あたらしいフィールドワーク』

キャンプ論―あたらしいフィールドワーク

キャンプ論―あたらしいフィールドワーク

 

今日からはじめられるフィールドワーク入門!

「キャンパス(教室)」に閉じこもった知の獲得方法から脱し、まちへ出かけて、いろいろな人とコミュニケーションを築くあたらしいフィールドワーク——。これを本書では「キャンプ」として提唱する。

自分は何に関心があるのかを見つけたい、教室での大学の授業に物足りなさを感じ、普段と違ったことをやってみたいという大学生のための、カジュアルで、あたらしい「フィールドワークのすゝめ」である。

次のウェブサイトでは「キャンプ」に関する事例を多く紹介しています。ぜひご覧ください。

http://www.keio-up.co.jp/kup/camp/index.html